おすすめガジェットをレビュー&ご紹介。

【レビュー】Anker PowerWave 10 Pad改善版の使い方や充電速度(出力)を徹底解説!

Anker PowerWave 10 Pad アイキャッチ

こんにちは、ガジェットブロガーのノリ(@noriblog_g)です。

今回は、Ankerから販売されているワイヤレス充電器「PowerWave 10 Pad」を購入したのでレビューしていきます。

価格はセール中だったので1,100円(税込)で手に入れることができました。

ワイヤレス充電器は様々なメーカーから登場していますが、Ankerと聞くと安心感のある方も多いのではないかと思います。

本記事では「PowerWave 10 Pad」の基本情報や外観の写真・実際の充電速度まで詳しく解説していきますので、購入を検討中の方はぜひ最後までお読みください。

急速充電にも対応しているので、スマホを早く充電したい方も必見です!

ノリ

Anker PowerWave 10 Padのスペック

まずはAnker PowerWave 10 Padのスペックから見ていきましょう。

サイズ ケース:W100 × D100 × H11mm
重量 67g
出力 10W
7.5W
5W
入力 5V/2A
9V/2A
Quick Charge 対応
付属品 Micro USBケーブル
カラー ブラック
ホワイト
ブルー

Anker PowerWave 10 Padの魅力をまとめると以下の通りです。

  • 急速充電(最大10W)対応
  • ワイヤレスイヤホンを含む全てのQi搭載機器に対応
  • スマホケースを着けたままでも充電可能
  • 小型・軽量かつシンプルなデザイン

まず、PowerWave 10 Padは急速充電に対応しているのが大きなポイントです。

通常の出力は5Wなのですが、Qualcomm(クアルコム)社が開発した急速充電規格である「Qucick Charge(QC、クイックチャージ)2.0 / 3.0」に対応した充電器を使った場合、機種により10Wまたは7.5Wの急速充電が可能となります。

急速充電対応機種と、その他の対応機種以下の通りです。

急速充電対応機種
  • 10W出力対応機種(QC 2.0 / 3.0対応充電器使用)

Galaxy S10 / S9+ / S9 / S8 / S8+ / S7 edge / S7 / S6 edge

Note 9 / Note 8 / Note 7

  • 7.5W出力対応機種(QC 2.0 / 3.0対応充電器使用)

iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus

  • 5W出力対応機器(5V / 2A充電器使用)

AirPods 2 / AirPods Pro

Pixel 3 / Pixel 3XL

全てのQi対応機種

GalaxyシリーズやiPhoneシリーズだけでなく、Qiを搭載した全てのスマホや、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンにも対応しており、幅広い機器を置くだけで充電できて便利です。

また、スマホは5mmまでの厚さのケースであれば、着けたままでも充電できるため、わざわざケースを外す必要もありません。

注意

Anker PowerWave 10 Padを使うには5V/2A以上の充電器が必要です。iPhone付属の5V/1A充電器では使うことができないのでご注意ください。

サイズは「W100 × D100 × H11mm」とスリムで置き場所を選ばず、重量は67gと軽いので持ち運びも楽なのも嬉しいポイントです。

カラーはブラック・ホワイト・ブルーのシンプルな3色がラインナップされています。Ankerらしいシンプルなデザインが好印象ですね。

ノリ

Anker PowerWave 10 Padレビュー①:開封・外観をチェック!

Anker PowerWave 10 Padの開封の様子と外観を見ていきましょう。

画像を多数撮影しましたので、ぜひ順番に見ていってください。

パッケージ

Anker PowerWave 10 Pad パッケージ表面

パッケージ表面。

Ankerおなじみのデザインですね。

Anker PowerWave 10 Pad パッケージ裏面

パッケージ裏面。

右下ラベルに「Made in China」と記載されています。

中身

Anker PowerWave 10 Pad 中身

パッケージ内容物。

左上から、本体・Micro USB – USB-Aケーブル・取扱説明書(日本語対応)。

Anker PowerWave 10 Pad ガイド1

使い方について簡単にイラストで書かれたガイド(英語)。

Anker PowerWave 10 Pad ガイド

本体に付属していたガイド(英語)。

本体

Anker PowerWave 10 Pad 本体表面

本体表面。

ゴム製に加工されており、滑り止めの役割を果たしています。

Anker PowerWave 10 Pad 本体裏面

本体裏面。

入出力のスペックなどが記載されています。

USBケーブル

Anker PowerWave 10 Pad USBケーブル

付属品のUSBケーブル(Micro USB – USB-A)。

マジックテープ式の結束バンドがついており、長さの調節に便利です。

重量

Anker PowerWave 10 Pad 重量

Anker PowerWave 10 Padの重量を測ったところ、68gと出ました。

公式スペックでは67gなので、誤差の範囲でしょう。

Anker PowerWave 10 Padレビュー②:使い方・充電速度

Anker PowerWave 10 Padの使い方や、実際の充電速度を測ったのでご紹介していきます。

使い方

使い方は非常にシンプルです。

STEP.1
充電器を電源に接続

Anker PowerWave 10 Pad 使い方1

5V/2A出力以上の充電器を電源に接続します。

ここでは、同じくAnker製のQC3.0対応充電器「PowerPort+ 1」を使っています。

STEP.2
本体と充電器を接続

Anker PowerWave 10 Pad 使い方2

付属のUSBケーブルで、5V/2A出力以上の充電器とPowerWave 10 Padを接続します。

STEP.3
充電する端末を置く

Anker PowerWave 10 Pad 使い方3

スマホなどの充電する端末を中央に置きます。

Anker PowerWave 10 Pad 使い方4

本体左端にある青色LEDランプが点灯し、充電が開始されます。

スマホやワイヤレスイヤホンなど、どんな機器でも同じように青色LEDランプが点灯するので、充電されたかどうかが分かりやすくて助かります。

ノリ

充電速度を測ってみた

USB電流電圧テスターを使って、スマホとワイヤレスイヤホンへの出力を測定してみました。

今回測定に使ったのは以下のものになります。

まずは、iPhone XSの出力を測定します。

Anker PowerWave 10 Pad iPhoneXS

約9.9Wとなりました。

iPhone XSを使った場合の最大出力は7.5Wのはずですが、なぜか10W近く出ています。純正の充電器の約2倍ですね。

40%の状態から30分間充電を測ってみたところ、バッテリー残量は以下のように増えました。

40% → 70%(30%増加)

ちょうど30%充電できました。1分で1%増えている計算なので、かなり早いですね。

次に、ワイヤレスイヤホンの出力を測定します。

Anker PowerWave 10 Pad ENACFIRE E60

約2.9W。定格出力は5Wですが、ワイヤレスイヤホンの充電ケースの容量が500mAhのため、それに合わせて電流も小さくなっていると考えられます。

機器ごとに最適な電流で充電ができるため、安心安全に使うことができますね。

Anker PowerWave 10 Padレビュー③:使ってみた感想とメリット・デメリット

Anker PowerWave 10 Padを使ってみた個人的な感想を、メリット・デメリットに分けてお伝えします。

メリット

まずメリットとして以下の通り。

  • 充電が楽
  • 充電速度が早い
  • ケーブル不要で幅広い機器を充電できる

置くだけで手間がいらないのに、その上iPhone純正の充電器よりもスピードが早いので、5V/1A出力で充電していた方にとっては、間違いなく生活を快適にしてくれるのでおすすめです。

さらに、すべてのQiワイヤレス充電機器に対応しているため、ケーブルを差し替える必要がなく、充電したい端末を置き換えるだけで充電できるのが便利です。

Anker PowerWave 10 Padは定位置に置いておくだけで動かす必要もありません。

デメリット

次に、デメリットは以下の通りです。

  • 中央に置かないと充電ができない
  • ほこりが表面に付着しやすい

Anker PowerWave 10 Padは、端末を置ける面積は広いものの、中央に置かないと充電されません。

スマホの画面やLEDランプの点灯により充電が開始されたのは分かりますが、慣れないうちはよく見ないと、後で「充電されてなかった!」ということになりかねませんので、確認が少し面倒臭いですね。

他には、表面がゴム製加工になっていることで、滑り止めとしてのメリットがある反面、ほこりが付着しやすい点が挙げられます。この辺りが気になる方にはあまりおすすめできません。

Anker PowerWave 10 Padレビューまとめ

Anker PowerWave 10 Padの外観や使い方まで詳しくレビューしてきましたが、これと言って大きな不満もなく、使いやすいワイヤレス充電器です。

Anker製なので保証期間が長く安心感があり、価格もお手頃なので、初めてワイヤレス充電器を購入される方にもかなりおすすめです。

気になった方は、ぜひ以下よりご購入ください。

Anker PowerWave 10 Padのご紹介でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

他にもおすすめの記事を多数紹介しているので、ぜひ合わせてお読みいただければ嬉しいです。

ノリ