おすすめガジェットをレビュー&ご紹介。

【レビュー】激安890円!NITIKA DC213モバイルバッテリーのコスパが良すぎる

NITIKA DC213 アイキャッチ

こんにちは、ガジェットブロガーのノリです。

今回は、Amazonで異常に安いモバイルバッテリーを見つけて購入したのでレビューしていきます。

「NITIKA」というメーカーの「DC213」というモデルで、購入価格はなんと890円(税込)。しかも、容量は極端に少ないというわけでもなく、非常に使いやすい5000mAhとなっています。

外観の写真はもちろん、電圧電流テスターを使ってのテストも行いますので、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

今までに類を見ないくらい、コスパ最強のモバイルバッテリーかもしれません。モバイルバッテリーの購入を検討されている方は必見ですよ。

ノリ

NITIKA DC213のスペック

まずは、NITIKA DC213のスペックをご紹介していきます。

NITIKA DC213のスペック
サイズ W65 × D10 × H121mm
重量 131.5g
バッテリー容量 5000mAh
USBポート数 1
最大出力 5V/2.4A
充電端子 USB-A(出力)
Lightning・Micro USB(入力)
ワイヤレス充電 ×
付属品 充電用Micro USBケーブル
取扱説明書
保証期間 6ヶ月

NITIKA DC213のスペック・特徴をまとめると以下の通りです。

  •  スマホと同じくらいのコンパクトサイズ
  •  スマホを1回以上充電できる5000mAh
  •  急速充電ができる最大5V/2.4A出力

NITIKA DC213スマホと同じくらいのサイズ感で、重さは131.5gと軽いので重ね持ちがしやすいです。

また、コンパクトサイズながらも容量は5000mAhで、iPhone 8なら約2回充電できます。

さらに、最大5V/2.4A(12W)の急速充電に対応しており、総合的に性能が高く、非常に扱いやすいモバイルバッテリーだといえます。

普段使いのモバイルバッテリーとしては十分すぎる性能ですね!

ノリ

NITIKA DC213レビュー①:開封・外観をチェック!

NITIKA DC213の外観の画像を多数撮影しました。

ぜひ順番に見ていってください。

パッケージ

NITIKA DC213 パッケージ

パッケージ表面。

段ボールにシールが貼ってあるだけの、超簡易的なパッケージです。

NITIKA DC213 パッケージ拡大

シールには製品仕様や会社の情報が書かれています。

会社名である「Dongguan Huiyan Electronic CO.,LTD」を調べてみると、2010年に中国で設立された電子機器メーカーであることがわかりました。

NITIKA DC213 パッケージ裏面

パッケージ裏面。表面以外には特に何も書いてありません。

中身

NITIKA DC213 中身

中身。

本体・充電用Micro USBケーブル・日本語の取扱説明書が入っています。

本体

NITIKA DC213 本体

モバイルバッテリー本体。

表面は触ると少しひんやりする、サラサラとした仕上げになっています。

光と当てるとほんのり虹色に光って見えます。

NITIKA DC213 本体裏面

裏面。

上部には端子の名前、下部には製品情報が記載されています。

NITIKA DC213 本体裏面下部

裏面下部拡大画像。

画像では見えにくいですが、PSEマークもしっかりとあります。

PSEマークとは

電気用品安全法の基準をクリアしたもので、2019年2月1日よりモバイルバッテリーへの提示が義務付けられているマークです。これがないものは輸入・販売が禁止されています。

NITIKA DC213 斜めから

斜めから。

側面は白く縁取られていて、ウエハースチョコのようにも見えます。

男女ともにおすすめできる、スタイリッシュで高級感のあるデザインですね。とても890円(税込)とは思えません。

ノリ

NITIKA DC213 本体上面

本体上面。

左から、スマホなどを充電するUSB-A出力モバイルバッテリー本体を充電するLightning入力・Micro USB入力。

注意

モバイルバッテリー本体の充電は、LightningまたはMicro USB端子のどちらか片方のみを使って行います。

NITIKA DC213 LEDインジケーター

4つの青色LEDインジケーターで、モバイルバッテリーの充電残量を確認することができます。

LEDインジケーターの見方
  • ランプ1つ点灯:0〜25%
  • ランプ2つ点灯:26〜50%
  • ランプ3つ点灯:51〜75%
  • ランプ4つ点灯:75〜100%

NITIKA DC213 本体右側面

本体右側面。

NITIKA DC213 本体右側面電源ボタン

上部に電源ON/OFFボタンがあります。

NITIKA DC213には便利なオートOFF機能がついています。

オートOFF機能とは

電源をONにした後に何も接続しなければ、10〜20秒後に電源が自動的にOFFになります。

電源ボタンの操作方法は以下の通りです。

電源ON/OFFボタンの使い方

ボタンを押す → 電源ON

ボタンを長押し → 電源OFF

重量

NITIKA DC213の重量も測ってみました。

NITIKA DC213 重量

製品仕様では131.5gでしたが、計量器では129gとわずかに軽い表示が出ました。

NITIKA DC213レビュー②:電圧電流をテスト!

電圧電流テスターを使って、NITIKA DC213の出力をテストしました。

テストに使用した道具は以下の通りです。

NITIKA DC213 テスト iPhoneXS

今回はiPhone XSでテストしました。

結果はおよそ5V/1.8A(9W)で、最大出力である2.4Aには及びませんでしたが、スマホを素早く充電するには十分なスピードが出ています。

今回使った充電ケーブルは2.4A対応のものですが、もしかするとケーブルを変えるとさらに高い数値が出るかもしれません。

iPhone11までの付属の電源アダプターが5V/1A(5W)なので、その倍くらいのスピードで充電ができますよ。

ノリ

NITIKA DC213レビューまとめ

NITIKA DC213のレビューをしてきましたが、価格の安さを感じさせない、おしゃれで使いやすいモバイルバッテリーという印象でした。

一つデメリットを挙げるとするならば、出力ポートが1つのため、1台しか充電できないという点です。

そのため、2台以上の同時充電をしたい方には向きませんが、スマホ1台充電できればいいという方には非常におすすめできます。

「安くて高性能なモバイルバッテリーが欲しい!」という方は、ぜひ以下よりご購入ください。