おすすめガジェットをレビュー&ご紹介。

【レビュー】ENACFIRE E60の音質や使い方・ペアリング方法まで徹底解説!【第3世代】

ENACFIRE E60 アイキャッチ

こんにちは、ガジェットブロガーのノリです。

Amazonで完全ワイヤレスイヤホンを物色していると、低価格でひときわ評価の高い「ENACFIRE」というメーカーの「E60」という完全ワイヤレスイヤホンを発見しました。

今回は、そんなE60をAmazonで購入(クーポン適用で3,050円)したのでレビューしていきます。

特に、気になっている人も多いと思われる音質や、ペアリング方法・タッチ操作の使い方まで分かりやすくご説明していきますので、購入を検討中の方は、ぜひ最後までお読みください。

魅力が多すぎるイヤホンなので、本記事を読めば欲しくなること間違いなしですよ!

ノリ

ENACFIRE E60のスペック

まずはスペックから見ていきましょう。以下の表にまとめました。

サイズ ケース:W6.6 × D4 × H3cm
重量 イヤホン(片耳):5g
ケース:35g
タイプ カナル型
Bluetoothバージョン 5.0
対応コーデック SBC・AAC
連続再生時間 本体のみ:最大6時間
ケース合計:最大48時間
充電時間 約2時間
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi) 対応
防水性能 IPX8
マルチペアリング ×
ノイズキャンセリング ×
マイク
付属品 イヤーピース各種2セット(S/M/L)
保証期間 最大24ヶ月

3000円ちょっととは思えないほどハイスペックです。

個人的に、特に素晴らしいと思うポイントは以下の通り。

  • AAC対応
  • 本体のみで6時間連続再生
  • ワイヤレス充電に対応
  • 防水性能が最高クラスの「IPX8
  • 保証期間が長い

まず、高品質コーデックのAAC対応で、iPhoneなどのiOSユーザーであれば、より高音質で音楽を楽しめます。

そして、連続再生時間はイヤホン単体で6時間も持ち、充電ケースを使えば最大48時間も使えるので、一日中使うことができますね。

さらに、Qi規格のワイヤレス充電に対応し、ケースを置くだけで充電できるのもかなり便利です。

極め付きは防水性能規格で最も高い「IPX8」で、これは継続的に水の中に沈めても浸水しない性能なので、お風呂にうっかり落としても壊れません。

X-space BD4【IPX7・IPX8限定】お風呂で使える防水の完全ワイヤレスイヤホン15選!

これだけの魅力を備えておきながら、保証期間も最大24ヶ月(2年)と長めで、もはやお得感しかありませんw

ノリ

ENACFIRE E60レビュー①:開封・外観をチェック!

開封の様子と外観を見ていきましょう。

ENACFIRE E60の画像を多数撮影しましたので、ぜひ順番に見ていってください。

パッケージ

ENACFIRE E60

パッケージ表面。白とオレンジの明るい印象を与えてくれるデザインです。

イヤホンのイラストや、公式サイトのロゴ・QRコードなどが載っています。

ENACFIRE E60 パッケージ裏面

パッケージ裏面。右側のQRコードには「Warranty Extension」(保証延長)と書いてあります。

ENACFIRE E60の保証期間は通常1年なのですが、QRにアクセスし、Amazonでの注文番号などの必要事項をフォームに入力・送信すると、保証期間が2年に延長されます。

購入前は気づかなかったのですが、保証期間が倍に伸びるのはかなりすごいですね!

ノリ

中身

ENACFIRE E60 中身1

上下にスライドさせると、オレンジの内箱が現れます。

ENACFIRE E60 中身2

開封。上部左からUSBケーブル・充電ケース・イヤホン本体。

ENACFIRE E60 中身3

下部の紙の中には、説明書・保証書(右上のカード)・キャンペーン情報が書かれた紙が入っています。

パッケージがおしゃれで、中身も綺麗にまとまっているのがかなり好印象!

ノリ

本体

ENACFIRE E60 ケース

ケース上からの写真です。

ENACFIRE E60 ケース裏面

ケース裏面。

モデル名・Bluetoothバージョン・イヤホン本体・ケースのバッテリー容量などが記載されています。

ENACFIRE E60 ミンティア比較

手元にあったミンティアと比較してみました。

幅・奥行きともに小さく、手のひらサイズ・ポケットサイズなのが良くわかります。

ENACFIRE E60 本体

ケースを開けて、イヤホン本体を取り出してみました。

ENACFIRE E60 イヤホン形状

イヤホンは少し大きめですが、そら豆のような絶妙な曲線のおかげで、しっかりと耳にフィットします。

一度ランニング中に使用してみましたが、全くずり落ちることはありませんでした。防水性能が高いことと相まって、スポーツでの使用にもかなり向いていると思います。

ノリ

JVC HA-ET45T-A【2021年】スポーツ向けのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン11選!

ENACFIRE E60 タッチセンサー部分

L・Rと書かれた丸い枠内がタッチセンサーになっています(操作方法は後述)。

重量

スペックにも記載しましたが、せっかくなので重さを測ってみます。

ケース重量

ENACFIRE E60 ケース重量

ケースは35g

わかりにくいですが、ピーマン1個分くらいですw

イヤホン(片耳)重量

ENACFIRE E60 イヤホン重量

イヤホン片耳は5gです。

両耳で10g、ケースと合わせて合計45gなので、スペック通りですね。

どちらも軽いので、長時間つけていても疲れにくいですし、持ち運びも楽ちんです。

ノリ

充電ケーブル・イヤーピース

ENACFIRE E60 充電ケーブル

左がUSB Type-Cケーブルで、右がイヤーピースです。

ENACFIRE E60 イヤーピース

左から、S・L・Mサイズ。

Mサイズの1セットは、はじめから本体に装着されています。

MとLを勘違いして順番がおかしくなってしまいましたが、黒くて高さがあるのがMサイズですw

ノリ

ENACFIRE E60レビュー②:ペアリング方法・使い方

ENACFIRE E60のペアリング方法や、操作方法についてご紹介していきます。

難しいことはなく、誰でも簡単に接続できるようになっています。

ペアリング方法

まずはペアリング方法ですが、こちらはiPhoneを使った場合の解説になります。

STEP.1
Bluetoothを選択

ENACFIRE E60 ペアリング1

「設定」→「Bluetooth」をタップします。

STEP.2
ENACFIRE E60を選択

ENACFIRE E60 ペアリング2

イヤホンを充電ケースから取り出すと、下部「その他のデバイス」一覧に「ENACFIRE E60」と表示されるのでタップします。

STEP.3
接続完了

ENACFIRE E60 ペアリング3

「未接続」が「接続済み」に変わり、同時に英語のアナウンスが流れます。これにて接続完了です。

一度登録すれば、以降はケースから取り出すだけで自動的にペアリングします(自動ペアリング機能)。

ペアリングの手順はたったこれだけです。後は好きな音楽を再生してみましょう!

ノリ

使い方(タッチ操作方法)

ENACFIRE E60の操作方法をご説明します。

ENACFIRE E60は物理ボタンではなく、イヤホン本体のセンサーにタッチして操作をします。

操作方法は以下の通りです。

ENACFIRE E60の操作方法
  • 音量+:右センサーをタッチし続ける
  • 音量−:左センサーをタッチし続ける
  • 再生/一時停止:左または右センサーを1回タッチ
  • 電話を受ける/切る:左または右センサーを1回タッチ
  • 曲送り:右センサーを2回タッチ
  • 曲戻し:左センサーを2回タッチ
  • 音声アシスタント:左または右センサーを3回タッチ
  • ゲームモード:左または右センサーを4回タッチ

操作内容自体は覚えれば簡単なのですが、タッチ操作はコツがいるので好き嫌いが分かれるところでしょう。

特に3〜4回タッチはうまくいかないことも多く、物理ボタンほど正確に操作できないので、タッチ操作が苦手な方にはあまりおすすめできません。

ちなみに操作方法最後の「ゲームモード」は、以下のようなものです。

ゲームモードとは

音の遅延を抑えることで、ゲーム中の音のずれを防ぐ効果がある。

タイミングが重要な音ゲーなどではあまり使えませんが、それ以外のゲームであれば、違和感なく楽しめるようになる便利機能です。

1〜2回タッチや長押しならミスは起きにくいので、音声アシスタントやゲームモードをあまり使わない方にはE60はおすすめできます。

ノリ

ENACFIRE E60レビュー③:音質はどう?

ENACFIRE E60の音質についてですが、低価格ながら高音質で、個人的にかなり気に入りました。

前述しましたが、特に高品質コーデックのAACに対応しているため、iPhoneに接続したときは全体的に音質が向上します。

音のバランスとしては、低音域はやや強めで、中〜高音域は透き通っていてバランスが良いです。音に邪魔されてボーカルが打ち消されるというようなこともありません。

重低音が好きな方には少し物足りないかもしれませんが、ドラムやベースはしっかり強調されるので、ロックはもちろん、EDMやヒップホップも十分楽しめるでしょう。

ENACFIRE E60レビューまとめ

ENACFIREの外観や使い方、音質まで詳しくレビューしてきました。

結論として、3,000円台とは思えない音質や機能で、かなりコスパが良いので、エントリーモデルとしては素晴らしい出来だと思います。

「高品質な完全ワイヤレスイヤホンを安く買いたい」という方にはかなりおすすめなので、気になった方は、ぜひ以下よりご購入ください。

ENACFIRE E60のご紹介でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

他にもおすすめの完全ワイヤレスイヤホン関連記事を多数紹介しているので、ぜひ合わせてお読みいただければ嬉しいです。

ノリ