【高コスパ】DeliToo JP ワイヤレスマウス S9の機能をご紹介!

DeliToo JP ワイヤレスマウス

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9の購入を検討中でしょうか?

知名度が低く、値段も安いワイヤレスマウスなので、買って失敗しないか不安になる方も多いでしょう。

今回は、DeliToo JPワイヤレスマウス S9の機能をご紹介します!

ワイヤレスマウス選びで失敗したくない方は、ぜひ最後までお読みください。

マウス特集

タイプ別におすすめのマウス紹介記事をまとめました。ぜひ合わせてお読みください。

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9の機能

DeliToo JP ワイヤレスマウス

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9の主な機能は以下の通りです。

  • 指すだけで使えるUSBレシーバー
  • USB充電機能
  • 省エネモード
  • DPI三段調節可能

一つずつ詳しくご紹介していきます。

挿すだけで使えるUSBレシーバー

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9には、パソコンに挿すだけで使えるUSBレシーバーが付いています。

こちらのレシーバーの特徴としては、

10メートルまでの通信距離

を実現しており、通常の距離ではもちろん、大画面のモニターで離れてマウスを使うときにも、接続が切れる心配がないのがメリットです。

USB充電機能

ワイヤレスマウスには乾電池で動くタイプのものもありますが、DeliToo JP ワイヤレスマウス S9はUSB充電式です。

USB充電式マウスには以下のようなメリットがあります。

  • 乾電池が不要
  • 充電しながら使うことができる

付属のUSB充電ケーブルを使うことで、パソコンと繋ぐだけで充電ができるので、乾電池が要らないのでエコです。

また、USB充電ケーブルを繋ぎながら使うことで、充電しながら使うことができます。

充電がある時はレシーバーで無線マウスとして使い、充電がなくなったら充電ケーブルで有線マウスのように使えるので、いつでも使うことができます。

省エネモード

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9には省エネモードが搭載されており、マウスを一定時間操作しないと勝手に省エネモードに入ってくれます。

操作しない時間によってスリープモードが異なり、以下のようになります。

  • 1分間操作しない→スリープモードに入り、動かすと復帰
  • 15分間操作しない→スマートスリープモードに入り、ボタンを押すと復帰

使わない時にわざわざマウスの電源を切る必要がないので、常に電源をONにしていても長時間使用できるのが嬉しいですね!

DPI3段階調節可能

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9にはDPIが3段階で調節できる機能があり、以下の3段階を切り替えて使うことができます。

  • 800DPI
  • 1200DPI
  • 1600DPI

DPIとは「dots per inch」の略で、

マウスを1インチ(約2.5cm)動かした時に、マウスカーソルがモニターの何ドット分動くか

を表しています。DPIの数値が大きいほど、マウスをちょっと動かしただけで、モニター上ではマウスカーソルが大きく動きます。

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9では、細かい作業をしたり、ゲームをしたりと、使用用途に合わせてDPIを使い分けることができるので、幅広い使い方が可能です。

充電状況もわかるLEDライト

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9は、マウスのフチとロゴ部分がLEDで光るようになっていておしゃれです。

カラフルな6色のライトが雰囲気を盛り上げてくれるのに加え、以下のように充電状況も教えてくれます。

  • ブルーライト点灯:充電中
  • ブルーライト消灯:充電完了

充電できたかどうかが見てすぐに分かるので、おしゃれさに加えて一石二鳥ですね。

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9がおすすめな人

DeliToo JP ワイヤレスマウス

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9の機能をご紹介してきました。

DeliToo JP ワイヤレスマウス S9がおすすめな人をまとめると、

  • 充電しながら使いたい
  • 幅広い用途で使いたい
  • おしゃれなマウスが欲しい

という方におすすめです!

コスパも非常に高いので、気になった方はぜひこちらからご購入ください。

マウス特集

タイプ別におすすめのマウス紹介記事をまとめました。ぜひ合わせてお読みください。